駿河ヒカル『進撃の巨人』の外伝を担当するのは新人?それとも・・・

進撃の巨人 外伝

現在、アニメも放映中の『進撃の巨人』ですが、登場キャラのひとり、「リヴァイ兵長」の過去を描いたスピンオフ作品が「ARIA」で連載されることが決まりました。

ところが、このスピンオフ作品、原作は『進撃の巨人』の作者である諫山創さん、脚本はニトロプラスの砂阿久雁さん、そして作画が駿河ヒカルさんと発表されたものの、「駿河ヒカルって誰?」という状況になっています。

検索してもヒットしないことから、無名の新人であることも考えられますが、これだけヒットしている作品のスピンオフ作品を、無名の新人に描かせることは考えにくいような気もします。

ということは、有名な漫画家が、新しいペンネームを使って描くということもあり得ない話ではないでしょう。

もしかしたら、『進撃の巨人』の作者、諫山創さんだったりして・・・

「ARIA」っていう雑誌も実は知らなかったりするんですが、どうやら少女漫画中心の月刊誌のようです。

「ARIA」の出版社は講談社ですし、知っている人は知っているんでしょうね。

しかし、「まだ世に出ていない新たな才能」を持った人を発掘するために創設された雑誌、という「ARIA」ですので、やはり「駿河ヒカル」というのは新人である可能性が高いですね。

原作や脚本に負けない絵であれば、文句はありませんけどね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です