アニメ『pupa』放送延期!開始は2014年1月から!放送日は?

2013年秋に放送開始とされていてアニメ『pupa』ですが、この度、製作委員会から正式に放送時期の延期についてお詫びがありました。

発表によると、『pupa』の放送開始は、2014年1月になるそうです。

具体的な放送日や放送時間は、今月末にはあらためて発表されるようです。

ところで、この『pupa』ですが、かなり異色な作品なのを知っていますか?

『pupa』は、茂木清香の原作で、現在、4巻まで発売されている漫画ですが、怪物となった妹と、妹に自分の肉体を食べさせる兄との、「究極の兄妹愛」というものです。

『pupa』は「ピューパ」と読みます。

あらすじを書こうとすると、全てがネタバレになってしまいますが、なぜ妹は突然、人を食べる怪物になってしまったのか、そして兄は超人的な回復力を持ち、妹に自分の体を食べさせるようになったのか。

そして、タイトルにもなっている「pupa」とは一体、なんなのか?

あまりにも謎すぎますよね?

そして、兄の名前は「現(うつつ)」、妹の名前は「夢(ゆめ)」、ということは「夢と現」であり、この名前は何かの暗示なのでしょうか?

その不思議な設定からわかる通り、内容的にはかなり暴力的というか残虐的な描写もありますので、アニメ化にあたっては、その辺りの表現がどうなるかも気になるところです。

もっとも、相当残虐的な表現ばかりだった『進撃の巨人』でさえ、アニメ化であれだけ人気が出ましたので、『pupa』でも残虐な表現はそれほど問題にはならないでしょう。

それよりも、不思議な物語の顛末が気になりますし、原作もまだそれほど進んでいるとは言えませんので、アニメのエンドがどうなるのか予想しつつ、来年の放送を待ちたいと思います。

YouTube で公開されている予告はこちら。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です