『Dr.DMAT』ドラマ化!関ジャニ∞の大倉忠義が医師役に初挑戦!

ジャニーズの7人グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さんが、2014年の年明けからスタートする新ドラマ『Dr.DMAT』に、主人公の医師役で出演することが決まりました。

『Dr.DMAT』は、菊地昭夫さんの漫画が原作であり、「グランドジャンプPREMIUM」で連載されていた作品です。

原作の『Dr.DMAT』は、今月20日発売の「グランドジャンプ」で連載が再開されるようです。

なお、原作の正式なタイトルは、『Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~ 』で、現在、5巻まで刊行されています。

気になる内容の方ですが、地震などの災害現場や事故現場で活躍する災害派遣医療チーム(DMAT)の物語です。

よくある医療ドラマとはちょっと違い、極限状態の現場で、自身の安全も保証されない場所で、いかに人の命を救うのかという、医療ドラマというよりもサバイバル的な要素の方が強いのかもしれません。

最近のドラマでいうと、山下智久さんや新垣結衣さんの出演していた「ドクターヘリ」のような感じに近いのでしょう。

「関ジャニ∞」の大倉忠義さんというと、あまりドラマに出演しているイメージはありませんが、「医療もの」という比較的高い視聴率を狙うことのできるドラマへの抜擢ですので、ぜひ頑張って欲しいと思います。

このドラマが人気が出れば、大倉忠義さんとしても今後の俳優活動も増えていくでしょうし、このドラマへの出演が、今後の活動のターニングポイントになるかもしれませんね。

ドラマ『Dr.DMAT』には、大倉忠義さんの他に、加藤あいさん、市川実日子さん、佐藤二朗さん、麻生祐未さん、ほっしゃん。、國村隼さん、瀧本美織さん、高木雄也さん、石黒賢さんなども出演しますので、2014年の幕明けに相応しい、素晴らしいドラマになるといいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です