視聴率は厳しいか?ドラマ『僕のいた時間』難病の主人公には三浦春馬

現在、堺雅人主演の『リーガル・ハイ』が放送されている、フジテレビの水曜10時ですが、2014年1月からは、三浦春馬主演で『僕のいた時間』が始まります。

堺雅人と言えば、前クールの『半沢直樹』の驚異的な視聴率で一躍時の人となり、その流れから『リーガル・ハイ』の視聴率もかなり好調となっています。

その人気ドラマの後枠を引き継ぐ形になるのが、ドラマ『僕のいた時間』となりますが、主演の三浦春馬さんが演じるのは、難病の若者の役となります。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)という、全身の筋肉が衰えていき、最後には呼吸すら自分でできなくなり、死に至るという難病を抱えた大学生が主人公です。

余命わずかと知って愕然となりながらも、残された時間をどう生きるのかを考える主人公の姿を描いた、ヒューマン・ドラマとなるようです。

三浦春馬さんといえば、随分前からドラマや映画に出演していましたし、何度か主役も演じてきましたが、フジテレビのドラマでは、今回が初の単独主演となるようです。

ドラマの内容としては、非常に重い内容ですので、一定の視聴率は取れるのは間違いありませんが、好き嫌いのわかれるジャンルですので、高視聴率を得るのは難しそうです。

だからと言って、視聴率狙いの薄っぺらい内容にしたりせず、命という重いテーマに相応しい、しっかりと地に足の着いたドラマであることを願います。

三浦春馬さん以外の出演者には、多部未華子さん、斎藤工さん、山本美月さん、野村周平さん、 浅田美代子さんらの名が挙がっています。

役柄は、多部未華子さんが主人公の彼女、斎藤工さんが親友、山本美月さんが同級生で、野村周平さんが誰かの弟、といったところでしょうか?

で、浅田美代子さんは、主人公のお母さんあたりでしょうかね?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です