2015年NHK大河ドラマの主役は「井上真央」が吉田松陰の妹に

女優の井上真央さんが、再来年、2015年のNHK大河ドラマの主役に内定したそうです。

2015年の大河ドラマは、幕末から明治維新にかけての時代が舞台となり、井上真央さんは、幕末の長州藩士である吉田松陰の妹を演じるそうです。

まだ、2015年の大河ドラマのタイトルは発表されていませんが、今年放送されている『八重の桜』のように、女性が主役の大河ドラマとなるということですね。

大河ドラマというと、女性が主役であったり、ジャニーズが主役であったりする場合、視聴率に悩まされるイメージがありますが、そんなイメージも井上真央さんがくつがえしてくれることを期待しましょう。

幕末から明治維新を舞台にしたドラマは、戦国時代を舞台にしたドラマに続いて、人気が高いようですし、2011年に朝の連続ドラマも公表だった井上真央さんならきっと、良い作品になるのではないでしょうか?

もっとも、今の『八重の桜』での綾瀬はるかさんなどを見る限り、主役の力だけではどうにもならないところもあるかもしれません。

しかし、そこはNHKの大河ドラマらしく、重厚で年配の方でも安心して見られるような作品になるといいですね。

来年、2014年の大河ドラマが、V6の岡田准一さん主演で、戦国時代を舞台にした『黒田官兵衛』がかなり人気が出そうな予測もされていますので、その後で、荷が重いかもしれませんが、井上真央さんにはぜひ頑張ってほしいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です