あくび役「渡邉このみ」は日本アカデミー賞の最年少での受賞者だった!

11月17日に放送されたフジテレビの秋のスペシャルドラマ『ハクション大魔王』に出演した「渡邉このみ」ちゃんがカワイイと評判ですね。

1969年に放送されたアニメ「ハクション大魔王」の実写版ということで、以前から話題にはなっていましたが、実際、放送されてみたら、とにかくあくびちゃんがカワイイ!

あくび役の「渡邉このみ」ちゃんが意外なハマリ具合で、原作のあくびちゃんのイメージにもぴったりでしたし、カワイさは原作以上でしたね。

大魔王役を演じた、主演の村上信五さんについては、あまり声は聞かれず、視聴率も8%ちょっとということで、あまりパッとしない結果に終わりましたが、「渡邉このみ」ちゃんだけが注目されている感じです。

今回「ハクション大魔王」で脚光を浴びている「渡邉このみ」ちゃんですが、実は、3歳の時に出演した映画『八日目の蝉』で、2012年第35回日本アカデミー賞新人俳優賞を史上最年少で受賞していたこと、知っていましたか?

さらに、2012年に放送されていた CM で、長澤まさみさん、武井咲さんとガーナの CM にも出演していました。

いいなCM ロッテ ガーナ 「バレンタイン」篇 2012 – YouTube

今の渡邉このみちゃんも、もちろんカワイイですが、『八日目の蝉』に出演していた渡邉このみちゃんも、ガーナの CM に出演していた渡邉このみちゃんも、あどけなくてカワイイですね。

子役の旬は短いと言われたりもしますが、変にメディアで持ち上げすぎず、「渡邉このみ」ちゃんの未来をみんなで見守ってあげてほしいと思うのは、私だけでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です