NHK朝の連ドラ、次回作は『花子とアン』、その次は『マッサン』?

現在放送中の、NHK連続ドラマ小説『ごちそうさん』の次の作品である『花子とアン』の出演者が発表されました。

主演はかねてから報じられていた通り、吉高由里子さんですが、その他の出演者も決定したようです。

主役の吉高由里子さん演じる花子の両親の役には、伊原剛志さんと室井滋さんということで、なんだか賑やかな家庭になりそうですよね。

そして、花子の祖父役には石橋蓮司さん、兄役には賀来賢人さん、妹役に黒木華さん、もうひとりの妹役に土屋太鳳さん、というのが花子の家族です。

ところで、黒木華さんって、「くろきはな」じゃなくて、「くろきはる」なんですね。

ついでに、土屋太鳳さんは、「つちやたお」と読むようです。

その他の出演者としては、松本明子さん、カンニング竹山さん、浅田美代子さん、ともさかりえさん、鈴木亮平さんの名前が挙がっています。

もひとり、花子の生涯の親友役には、仲間由紀恵さんがキャスティングされています。

これからクランクインということになるようですが、皆さん、最後まで撮影頑張ってください。

ところで、『花子とアン』の次の作品ですが、『マッサン』という題名が決まっているようです。

主演はまだ決まっておらず、オーディションで決める事になっているようですが、なんと朝ドラ初の「純外国人のヒロイン」となるそうです。

『マッサン』のモデルは、ニッカウヰスキー創業者である竹鶴政孝とその妻リタということで、リタが夫のことを「マッサン」と呼んでいたことから、この題名になったようです。

次の次の作品となる『マッサン』については、まだ詳しいことはわかりませんが、まずは今放送中の『ごちそうさん』、そして次回作『花子とアン』を楽しむことにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です