NHK大河ドラマ『花燃ゆ』井上真央主演で来年夏にクランクイン予定

2015年のNHK大河ドラマのタイトルは『花燃ゆ』と発表され、井上真央さんの主演があらためて発表されました。

<NHK大河ドラマ>15年は井上真央主演「花燃ゆ」 吉田松陰の妹の生涯描く

 2015年のNHK大河ドラマが発表され、幕末の長州藩士で思想家の吉田松陰の妹・文(ふみ)が主役のオリジナル作品「花燃ゆ」に決まり、女優の井上真央さんが主演を務めることが3日、分かった。井上さんが大河ドラマに出演するのは初めてで、NHKのドラマに出演するのは11年のNHK連続テレビ小説「おひさま」で主演を務めて以来、約4年ぶりとなる。

さて、2015年の大河ドラマ『花燃ゆ』ですが、比較的人気の高い幕末という時代を舞台にしたドラマではありますが、はたしてどうなることでしょうか。

主役となるのは吉田松陰の妹・文(ふみ)という女性で、幕末という難しい世の中を、しっかりと生きていく女性像を描く、ということになるのでしょう。

なんとなく、動乱の世を、困難を乗り越えながら生きていく、というと、NHK連続テレビ小説のようにも思えますが、NHK連続テレビ小説「おひさま」で主演を務めたこともある、井上真央さんがどう演じるのが、楽しみですね。

しかしながら、ここ最近は女性を主役とした大河ドラマが定期的に放送されますが、視聴率的にはなかなか難しいというのが、これまでの実績でしょう。

そんな逆境をいかに覆すのか、それこそが『花燃ゆ』の見どころかもしれません。

来年2014年の大河ドラマが『黒田官兵衛』という、男臭い、骨太な内容が期待されているだけに、その後の『花燃ゆ』がちょっと心配ではあります。

もっとも、『黒田官兵衛』が大コケする可能性もないわけではありませんので、まずは来年の『黒田官兵衛』を見て、そしてその次の『花燃ゆ』にも期待しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です