なぜ?太川陽介出演の「路線バスの旅」が人気である理由とは?

テレビ東京で不定期に放送されている『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の人気がじわじわと上昇中です。

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は、テレビ東京で2007年10月から不定期に放送されているスペシャル番組なんですが、既に13回も放送済みでありながら、なぜか今、注目されています。

おそらく、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が今注目を浴びているひとつの要因として、NHKおよび民法各社が視聴率低迷に悩んでいる今、毎回10%を超える視聴率を安定的に叩き出している、ということもあるでしょう。

テレビ東京と言えば、「旅番組」と言われるほど、昔から旅番組は多く放送されており、最近でこそ他局もこぞって旅番組を放送していますが、やはり元祖はテレビ東京でしょう。

もちろん、「旅番組」が得意なテレビ東京だからという理由もありますが、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の場合、その出演者と、番組のコンセプトが多くの人にウケているようです。

レギュラー出演者は、元アイドルの太川陽介さんと、漫画家の蛭子能収さんなんですが、この二人のやり取りに加えて、必ず一人参加するゲストの女性との掛け合いが、なんとも言えず、楽しいんです。

それにしても、『モヤモヤさまぁ~ず2』といい、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』といい、番組のコンセプトだけ与えて、あとは出演者に任せるような構成は、テレビ東京は上手ですよね。

今、NHKや民法各社は、演出だのヤラセだの、それに偏向報道だのと何かと批判される番組が多いですが、そんな中、お茶の間で家族そろって安心して見られるのは、テレビ東京だけでしょう。

古き良きテレビ時代を取り戻すには、他局もテレビ東京を見習って安心して見られる番組作りを目指してほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です