田中邦衛の引退報道。その真相は?引退の理由とは?

ドラマ「北の国から」でも有名な、俳優の田中邦衛さんが引退すると、週刊女性が報道したようですが、その真相はどうなのでしょうか?

ここ数年、俳優としての活動のない田中邦衛さんですが、週刊女性の引退報道の後、フジテレビの番組内で電話インタビューを行ったところ、田中邦衛さんの奥さんから真相が明かされたそうです。

電話に応じた田中邦衛さんの奥さんは、「もう体力的に厳しい」と田中邦衛さんの現状を語りました。

田中邦衛さんは、既に80歳という高齢ですし、さすがに映画やドラマの撮影という長丁場に耐えられるだけの体力はないのでしょう。

最近では、森光子さんや笠智衆さんといったかなり高齢になるまで仕事を続けていた方もいますが、そのような方は特別で、普通の80歳だったら、そんな体力はないのが当然でしょう。

幸い奥さんもまだ健在ですし、田中邦衛さんは引退して、心置きなく、余生を夫婦仲良く過ごして頂きたいと思います。

田中邦衛さん自身、俳優として長年活動し、数々の賞を受け取り、1999年には紫綬褒章、2006年には旭日小綬章まで授与されていますので、もう俳優としては悔いはないでしょう。

「北の国から」の五郎役を何かとネタにされるほど、五郎の役のイメージが強い田中邦衛さんですが、これまで数えきれないほどの映画やドラマ、それに舞台やCMなど、田中邦衛さんの存在があったからこそ、成り立っていた作品も多いですからね。

ところで、NHK初の女性海外支局長(シドニー支局)であり、現ワシントン支局長の田中淳子さんは、田中邦衛さんの長女だって知ってました?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です