「ブルー・ボトル・コーヒー」で「マイクロ・ブリュー・コーヒー」を。

ブルー・ボトル・コーヒー

今アメリカで流行っているのが、「ブルー・ボトル・コーヒー」で「マイクロ・ブリュー・コーヒー」を飲むことなのだそうです。

「スターバックス・コーヒー」なんてもう過去のものです。

いくらコジャレたコーヒーを出したって、所詮はチェーン店のマニュアルで作られた味気のないコーヒーなんです。

そんな味気のなさに嫌気が差したのかどうかわかりませんが、ジェームス・フリーマンという人が、「やはりコーヒーは、一杯一杯心を込めて淹れるのが一番」というポリシーで作ったコーヒー店が「ブルー・ボトル・コーヒー」なんです。

ちなみに、このジェームス・フリーマンさんという方、元はクラリネット奏者だったようですが、日本の昔の喫茶店が好きで、注文を受けてからマスターが一杯ずつ淹れるスタイルがお気に入りのようです。

今でも日本に行きつけのコーヒー店があるとか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です