『クライアントパートナーズ』の「レンタルフレンド」に注目!

朝日新聞デジタルのこちらの記事が話題になっているようです。

彼女・友人をレンタル、心を満たす 食事やおしゃべり…:朝日新聞デジタル

行きたい店があるけど、一人では心細い。誰かに話を聞いてほしい。でも、相手がいない。そんな人たちの心のすき間を埋めようと、「レンタルフレンド」と呼ばれるサービスが生まれている。

なんでも「レンタルフレンド」というサービス(?)が物議を醸しているようです。

話題になっているこの「レンタルフレンド」ですが、レンタルフレンド専門のサービスというわけはなく、『クライアントパートナーズ』という女性スタッフだけの便利屋の、ひとつの利用方法ということです。

朝日新聞デジタルの記事では、ある一人の男性の利用方法の紹介となっていますが、なんだか夜の寂しい男性はみなこういったサービスを利用したいと思っているのでは?と書かれているように感じるのは私だけでしょうか?

『クライアントパートナーズ』で何か依頼した際にでも、偶然スタッフの女性と気が合うとかでない限り、いきなり見ず知らずの女性と過ごしても、多少のドキドキはあるかもしれませんが、単に疲れるだけというのが普通ではないでしょうか?

もちろん、金銭的に余裕があって、「一緒にいるだけでいい」「誰かと話ができるだけでいい」というような方には、この「女性スタッフだけの便利屋」のりよう方法としてはありかもしれません。

でも、数年前に耳かき店であったようなストーカー事件のようなことにも繋がりかねない危険なものを感じるのもまた事実でしょう。

話題作りかもしれませんが、メディアがこのような利用方法を推奨するような記事を公開することは、あまりいい感じはしません。

また、このような利用方法を紹介することによって、『クライアントパートナーズ』のイメージを落としてしまわないか心配でもあります。

もっとも、健全な状態でこのようなサービスを有効利用するというのは、もしかしたらこれからの時代、当たり前になっていくのかもしれないと思ったりするのですが・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です