カモリスト 詐欺 2次被害にあわないように注意!

カモリスト 詐欺の2次被害にあわないように注意が必要です。

個人情報流出の話題も多いですが、カモリストという名簿が実は詐欺集団や悪徳業者の間で取引されているそうです。

なんでも、このカモリストというのは、詐欺やセールスに引っかかったことのある人や、引っかかりそうになった人のリストなのだそうです。

詐欺も近年では、オレオレ詐欺だけでなく、様々なパターンでの詐欺を仕掛けてくることもありますので、特に引っかかりやすい人は注意が必要でしょう。

実際に警察が押収したカモリストには、「株取引経験者」「大手企業退職者」「訪問販売」「セレブ婦人」などといったタイトルが付けられていたり、「若い」「入院中」というようなメモが書き込まれていたりしたそうです。

相手の情報を少しでも知ることが、詐欺を成功させる秘訣だとすると、カモリストのようなリストを元に詐欺を仕掛けられたら、普通の人はなかなか詐欺だと見破るのは難しいかもしれません。

そして、詐欺の被害者というのは、2次被害にあいやすいようで、詐欺で取られたお金を取り返せるなんていう文句に踊らされて、またお金をだまし取られてしまうひともいるようです。

漫画『クロサギ』なんかでも、こういった詐欺の手法や、2次被害、3次被害なんていうネタもありましたので、日本の国民すべてに『クロサギ』を読むように奨励するのもいいかも、なんて思います。

「自分は大丈夫」と思っている人でも、油断はできないのが、最近の詐欺の手口ですので、日頃から詐欺にあわないような心がけや、情報収集は怠らないようにしたいものですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です