「スクイート」は今まであった単なる投げられるカメラと違うんです!

スクイート

まだ商品化されていませんが、その可能性に期待されて話題になっている、投げられるカメラ「スクイート(Squito)」が今、注目されています。

これまでにも「投げられるカメラ」というのは、なかったわけではありません。

これまでの投げられるカメラは、ボール型の内部にカメラを内蔵しただけであり、当然ながら投げて撮影すると、気持ちが悪くなるようなぐるぐる回る映像しか撮れませんでした。

しかし、スティーブ・ホリンガー(Steve Hollinger)さんの開発した投げられるカメラ「スクイート(Squito)」はちょっと違うんです。

この「スクイート(Squito)」の優れている恬として、投げられて本体がぐるぐる回ったとしても、360度撮影が可能な点です。

慣性計測ユニットと高度な画像認識機能によって、ボールから見た360度パノラマ写真やパノラマ動画が撮影できるということです。

さらにサーモグラフィや暗視機能も搭載でき、撮影したデータをワイヤレスで転送可能なため、災害時の救助活動などでの活動も期待されていますが、今のところ試作品であり、今後、商品化に向けて出資を募ったりすることになるようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です