あなたはどのタイプ?「4スタンス理論」で分類する身体能力とは?

4スタンス理論

先日フジテレビの「笑っていいとも!増刊号」でも紹介された「4スタンス理論」ですが、これちょっと面白い考えだと思いませんか?

「4スタンス理論」とは、人はみな同じように立ったりしゃがんだり、歩いたり走ったりしているように見えますが、実は大きく分けると体の使い方で4つのタイプに分類することができるというものです。

そしてこの体の使い方の違いを知ったうえで、そのタイプにもっとも最適な体の動きを意識することによって、けがや故障のリスクを減らしたり、スポーツなどのトレーニングで、目覚ましい効果を得ることができるというものなんです。

例えば、あるスポーツ選手に憧れて、自分もそのスポーツを始めたとしましょう。

そして、その憧れの選手を一生懸命真似ることによって、少しでもその選手に近づきたいと努力します。

でも、なぜか同じフォーム、同じスタイルでやっているはずなのに、憧れの選手に少しも近づいている気がしない、どころか、体のあちこちに違和感を感じ始める。

実はこのようなことは、「4スタンス理論」でいうと、タイプが違うのに同じ動きをしようとしても無理がかかるだけ、ということになるのです。

スポーツをする時だけでなく、日常生活をおくる上でも体の動きについて知っておくことは重要ですので、ぜひあなたも「4スタンス理論」を取り入れてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です