「R-1乳酸菌入りヨーグルト」で今年もインフルエンザを予防しましょう!

明治乳業の「R-1」と言えば、2012年の初めに「インフルエンザの予防に効果がある」と話題になり、日本中で品薄になったことを覚えている方も多いでしょう。

毎年、秋から冬にかけて、インフルエンザが流行しますので、今年は早めに「R-1ヨーグルト」で対策をしてみるといいでしょう。

「R-1」を販売している明治乳業でも、今年のある程度の需要を想定して、2012年のような品薄な状態にはしないようにすると思いますが、インフルエンザが流行し始めると、想像以上の需要によって、また品薄になる可能性もあるでしょう。

そこで、今年は、インフルエンザが流行りだす前にしっかりと「R-1」を食べ、インフルエンザが流行る頃には、しっかりと抵抗力を高めておくことが大切です。

ところで、この「R-1」という乳酸菌ですが、なぜインフルエンザに効果的だと言われているのでしょう。

それは、この「R-1乳酸菌」の働きによって、免疫力が高まり風邪をひきにくくなることや、インフルエンザウィルスに対する感染防御効果が報告されているからなんです。

「R-1乳酸菌」がインフルエンザに効果的というのが知れ渡ったきっかけは、山形県舟形町と佐賀県有田町で「R-1ヨーグルト」を継続的に摂取するようにしていたところ、インフルエンザの大流行にも関わらず、R-1ヨーグルトを食べていた児童などについては、ほとんど感染が見られなかったことが報道されたことです。

乳酸菌とひと口に言っても、様々な種類があり、それぞれ働きも違いますが、この「R-1」については実際に効果が得られているようですので、ぜひ今年は早めの「R-1」を心がけてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です