「ダウンタウンDX」で紹介された「ツルニンジン酒」の効果・効能は?

日本テレビの「ダウンタウンDX」で、勝俣州和さんが紹介していた「ツルニンジン酒」が気になります。

なんでも、勝俣州和さんが、富士登山の前日に必ず飲むというもので、どんなに疲れている時でも、少し飲むだけで翌日にはすっかり疲れが取れている、と語っていました。

コップ一杯も飲もうものなら、翌日は鼻血が止まらないとまで言っていたこの「ツルニンジン酒」とはいったい何なのでしょうか?

>>> 楽天の「ツルニンジン酒」ランキングはこちら

まず「ツルニンジン」について調べてみました。

「キキョウ科の蔓性多年草。東アジア一帯の森林に生育する。」という植物のようです。

そして、「根は同科のキキョウやツリガネニンジンと同様に太く、オタネニンジン(高麗人参)に似るということで名がある。」ということですから、見た目は高麗人参のような形をしているのでしょう。

それを聞くだけでも、「ツルニンジン」にどんな効能や効果があるのか、なんとなく想像できますよね。

中国を中心に東アジア一体に分布しているようなので、日本でも手に入るものと思われます。

それでは、そんな「ツルニンジン」から、どうやって「ツルニンジン酒」は、作られるのでしょうか?

答えは簡単です。

「梅酒」と同様に、焼酎と氷砂糖で漬け込むだけです。

6ヶ月以上熟成させるのがポイントだとか。

そして、長時間熟成させるほど、飲みやすい味になっていくようです。

そんな「ツルニンジン酒」ですが、気になる効能や効果はどうなのでしょう?

主な効能は、「疲労回復」「胃腸整腸」「強壮」「去痰」「快眠」ということですので、慢性的な疲労や、虚弱体質の改善にも効果がありそうですね。

実際に「ツルニンジン酒」の効果が、勝俣州和さんが言っていた通りのものなのか、機会があれば実際に試してみたいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です