湊かなえの『白ゆき姫殺人事件』が映画化。主演は井上真央さんに。

白ゆき姫殺人事件

今やすっかり売れっ子となった作家「湊かなえ」の『白ゆき姫殺人事件』が映画化されるそうです。

湊かなえさんと言えば、松たか子主演で映画化された『告白』のような、とても後味の悪い、よく言えば印象に残るミステリーを書かれることでも知られています。

『告白』に代表される「嫌な感じを残すミステリー」ということで「イヤミス」なんてジャンルができたのも、彼女の作品からでしょう。

そんな湊かなえさんの『白ゆき姫殺人事件』ですが、原作は昨年7月に発売されたものです。

なんでも出版前から映画化の引き合いが殺到していたという話題の作品のようで、湊かなえさんらしい暗雲とした雰囲気が味わえそうです。

映画化にあたり、殺人の疑いが掛けられる地味な女性の役を井上真央さんが、殺人事件を追うワイドショーのディレクター役を綾野剛さんが演じるようです。

また、『白ゆき姫殺人事件』の監督は、堺雅人さんが主演した「ゴールデンスランバー」や、無農薬に挑戦したリンゴ農家の実話を映画化した「奇跡のリンゴ」でも有名な、中村義洋監督です。

井上真央さん、綾野剛さんが出演し、中村義洋監督がメガホンをとる『白ゆき姫殺人事件』は、来年春に公開されるそうです。

ところで、作品名の『白ゆき姫殺人事件』ですが、なぜ「白雪姫」でなく「白ゆき姫」なんでしょうか。

原作を読んでいませんが、これも何かの伏線なんでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です