30年前には想像できなかった「熱血硬派くにおくん」の実写映画化!

熱血硬派くにおくん

30年ほど前に、アーケードゲームとして発表され、ファミコン版で人気となった「熱血硬派くにおくん」が、まさかの実写映画化です。

ファミコン版以降も数々のシリーズが発表され、大人から子どもまで、それなりに知名度のあるゲームとはいえ、このゲームを実写化しようと思った人の発想がすごいですね。

なお、この実写映画化にあたって、監督は『おぎゃあ。』『大阪ハムレット』などの映画で知られる光石富士朗さんが務めるようです。

そして、正義の番町「くにおくん」を演じるのは、24歳の若手俳優、大野拓朗さんです。

大野拓朗さんと言えば、ドラマ「美咲ナンバーワン!!」や、映画「LIAR GAME -再生-」「インシテミル」にも出演していましたよね。

ちなみに、大野拓朗さん以外の出演者としては、滝口幸広さん、高嶋香帆さん、土平ドンペイさん、山本梓さん、水崎綾女さんの名も挙がっています。

今年の9月に浅草で行われる「第6回したまちコメディ映画祭 in 台東」で先行上映されるようなので、少しでも早く見たい人は要チェックです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です