映画『るろうに剣心』の続編では、瀬田宗次郎役に神木隆之介

るろうに剣心

来年夏に二部作として公開予定の映画『るろうに剣心』の続編、『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』で、宿敵・志々雄の部下であり、笑顔の天才剣士である瀬田宗次郎役に神木隆之介さんが決まりました。

おそらくこの配役は原作ファンならば、待ち望んでいたキャスティングではないでしょうか?

瀬田宗次郎といえば、天賦の剣才を志々雄に見い出され、幼少の頃に育った環境によって笑顔以外の表情を失ってしまった、まだ幼い剣士というキャラクターですので、まさに神木隆之介のイメージにぴったりのキャラクターです。

個人的には、神木隆之介さんがあと3、4歳くらい若いころだったら、本当にぴったりだったなと思いますので、その点はキャラ作りやメイクなどで幼さを上手く出してもらえたらと期待しています。

さらに瀬田宗次郎の技といえば、「縮地」ですが、あのスピード感をどう映像で表現するのか、というのも見どころの一つでしょう。

京都編では、ラスボスである志々雄との対戦はもちろんですが、部下たちと剣心や剣心の仲間たちとの対決というのが熱い部分ですので、映画でもそれぞれの熱い対決を再現してくれたらと思います。

ちなみに、四乃森蒼紫には、伊勢谷友介さんが決定していますが、こちらもイメージ通りのキャスティングですね。

こうなってくると、他の配役はともかく、肝心の志々雄を演じる藤原達也さんがどうなるか、という点も気になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です