『TRICK』がいよいよ映画で完結!海外ロケは吉と出るか凶と出るか?

2000年から、何度かのシリーズを経てきたドラマ『TRICK』が、2014年1月の映画で完結するようです。

『TRICK』といえば、放映開始時は深夜ドラマという枠でありながら、マニアックなファンを作り、いつの間にかお茶の間にも浸透するほど有名になってしまったドラマですよね。

仲間由紀恵さんの演じる山田の「まるっとお見通しだ!」のセリフもすっかり有名になってしまいましたし、上田教授の「なぜベストを尽くさないのか?」も大いに売れてますよね(笑)

そんな『TRICK』ですが、完結編という名にふさわしく、海外ロケを敢行とのことです。

まあ、『TRICK』に限って、海外ロケが必要かというのはすごく疑問ではありますし、ドラマが映画化されるにあたって海外を舞台にすると、大抵駄作になるという法則もありますが、きっとその辺を逆手に取って、『TRICK』ならではのシュールな笑いに変えてくれることを期待しましょう。

それにしても、2000年当時は20歳というピチピチ(死後?)だった仲間由紀恵さんも、今や教師やら母親やらを演じるような年になってしまいましたし、相方を務める阿部寛さんも、すっかり大御所と言えるほどの立場になってしまいましたね。

そう考えると、『TRICK』で主演した二人というのは、今でも大人気ですから、流行り廃りの激しい芸能界の中で生き残っている実力は、『TRICK』のおかげと言っても言い過ぎではないかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です