クラシックギタリストの村治佳織さん、舌腫瘍により長期休業へ

村治佳織

美しすぎるクラシックギタリストの村治佳織さんですが、このたび、舌腫瘍であることが発覚し、長期休業を余儀なくされることを発表しました。

村治佳織さんと言えば、10代の頃からその実力を認められ、国内はもちろん、海外でも多くの活動を行い、数々の賞も受賞してきました。

これまでも、右手後骨間神経麻痺で2度の休業を経験してきた村治佳織さんですので、今回の休業でも、しっかりと治療と療養を行い、また元気な姿を見せてくれることを願っています。

ただ、これまでの麻痺と違い、舌腫瘍という癌の一種でもある病気ですから、ちょっと心配になってしまいます。

まだ35歳という若さですし、これからもっともっと活躍される方だと思いますので、焦ることなくしっかりと休んで頂きたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です