秋元優里アナウンサー、実は「デキ婚」だった?

秋元優里アナ出産

フジテレビの秋元優里アナウンサーといえば、最近無事に女の子を出産して話題になっていますが、そんな彼女にある疑惑がかけられているそうです。

秋元優里アナウンサーは、昨年の12月25日に、同じフジテレビの後輩である生田竜聖アナウンサーと社内結婚したことでも話題になりました。

そして、今回の出産については、予定日は8月末と言われていたはずが、まさかの1ヶ月半も早い出産でした。

本人たちも「予定日より早くて慌てた」とコメントしていますが、実は8月末と言われていた予定日が実はデキ婚を隠すための放言ではないかと疑われているようです。

実際、生まれた子は、約三千グラムで健康な女の子のようですが、予定日よりも1ヶ月半も早かったら、もう少し小さい赤ちゃんのはずでは?というのが、懐疑派の意見のようです。

しかし、12月25日に結婚したということは、既にその数ヶ月前から結婚に向けて準備などしているわけで、結婚した日から考えるとデキ婚と思われる人も多いかもしれませんが、結婚を決めてから妊娠するのをデキ婚というのは、ちょっと違うような気がしませんか?

結婚の意思が明確にされていない状態で、妊娠が発覚したことで、結婚することになったというのがいわゆるデキ婚と考えると、秋元優里アナウンサーの場合は、むしろハネムーンベイビーといった方が合ってるのではないでしょうか?

新婚旅行に行っていないと「ハネムーンベイビー」と言わないかもしれませんので、こういうのは「マリッジベイビー」とか、赤ちゃんが幸せになれそうな名前で読んであげたらどうかと思いますよね。

でも、アナウンサーって、そんなところまで気を使わなきゃいけないなんて、芸能人並みに大変なんですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です