日本マクドナルド株式会社の社長が、原田泳幸からサラ・カサノバへ

マクドナルド

日本マクドナルド株式会社の社長が、現在の原田泳幸さんからカナダ法人にいたサラ・カサノバさんに代わるようです。

とはいっても、日本マクドナルドホールディングスの方は変更なく、原田泳幸さんが会長兼社長兼CEOであることに変わりはありません。

ところで、「CEO」って、日本語にすると「最高経営責任者」ですよね。

で、現在の役職が「会長兼社長兼CEO」ってことは、もうこれは独裁者状態じゃないでしょうか?

まあ、いち消費者としては、マクドナルドが安心して利用できればどうでもいいんですが、最近は、値上げだの値下げだの、限定商品だのといって、なかなか安心して利用できないのをなんとかしてほしいものです。

全国各地に存在しているチェーン店の安心できる点としては、どの店でも同じメニューが同じ値段で同じ味で提供されることだと思います。

ところが今は、地域ごとに値段が違うため、ホームページを見ても値段は買いていませんし、いざお店に行っても言わないとメニューが出てこないですし、店舗ごとに販売していない商品があるし、限定メニュー推しばかりで定番メニューがどんどん消えていく始末。

マクドナルドにはもう一度原点に戻って、定番メニューをいつでも安心して食べられるようにしてほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です