「うつ病」と「統合失調症」の判別方法が開発される!

うつ病 統合失調症 判別方法

これまで症状が似ていることから医者でも判別が難しかった「うつ病」と「統合失調症」が、脳の画像解析により、8割程度の精度で判別できるようになったそうです。

「うつ病」と「統合失調症」というのは、非情に症状は似ているものの、治療法はまったく異なるため、これまでは必要以上に慎重な治療が必要でしたが、この新しい判別法が実用化されれば、素早く適切な治療が可能になることでしょう。

特に最近は「うつ病」の患者が増えているという話もよく聞きますので、患者への適切な治療のためにも、医者の負担の軽減のためにも、早く実用化されるといいですよね。

今後は、この脳の画像データと、問診によって、ほぼ確実に「うつ病」と「統合失調症」が判別できるようになるのでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です