リニア中央新幹線のルート発表!ほぼ直線ルートに決定。

リニア中央新幹線

JR東海から、リニア中央新幹線のルートが発表されました。

これまで、リニア中央新幹線のルートを巡り、様々な自治体が誘致合戦を繰り広げ、一時は大きく長野方面をまわるルートなど、何かと話題になっていました。

各地の自治体の思惑は様々でしたが、今回発表されたルートは、東京都名古屋をほぼ直線で結ぶ、リニアの能力を最大限に発揮できるような直線ルートとなりました。

途中駅に停車せず、ノンストップで走った場合、東京-名古屋間を40分で結ぶというルートですが、今回発表された途中駅は4つ、発着の東京と名古屋を含め、6駅ということになりました。

停車駅となる長野県の飯田市では、リニア中央新幹線の開通によって、少しでも人が訪れてくれれば、と期待しているようです。

もっとも、長野県に限りませんが、高度成長期のように駅が出来ただけで人が増えるような時代ではありませんので、人を呼びたいと思う自治体は、人が来たいと思うような街づくりを目指してほしいものですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です