山本太郎は足尾銅山鉱毒事件を明治天皇に直訴しようとした田中正造?

10月31日に行われた、秋の園遊会において、山本太郎参議院議員が天皇陛下に手紙を直接手渡したことが話題になっています。

赤坂御苑で行われた遊園会は、天皇皇后両陛下の主催で行われ、元プロ野球選手の長嶋茂雄さんや、プロスキーヤーの三浦雄一郎さん、そして多くの国会議員なども出席していました。

これまでにも、遊園会という場においては、天皇皇后両陛下と直接話しができる貴重な機会でもあり、様々な著名人による発言が話題になってきました。

しかし、今回のように、天皇皇后両陛下に対し、直接手紙を渡し、個人の主張を直訴するようなことは、前代未聞であり、このことを知った多くの人たちから様々な声が上がっています。

意見の多くはこの行為について「不敬である」という中で、一部には「足尾銅山鉱毒事件」を明治天皇に直訴しようとした田中正造になぞらえ、英雄視するものもあるようです。

実際、足尾銅山鉱毒事件を明治天皇に直訴しようとした田中正造は、その行為によってその場で命を絶たれることさえ覚悟しての行為だったことを考えると、今回の山本太郎議員の行為からはそのような覚悟は見られず、やはり単なるパフォーマンスであったのではないかと感じます。

そして、そのような自身のパフォーマンス、および自身の主張のために天皇皇后両陛下を政治利用しようとしたと避難されても仕方のない行為だったのではないでしょうか?

国会議員という、国民の代表としての役割を担うべき方が、場所や時期をわきまえず、正規の手続きをせずにこのような行為におよぶというのは、山本太郎議員への不信感をより一層つのらせるだけでしょう。

以前から何かと問題の多い主張を続けている山本太郎議員ですし、最近でも伊豆大島のボランティアでの発言が取り沙汰されていましたが、いよいよここまで来たかと、多くの国民に思われていることでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です