2013年の彗星「アイソン彗星」が見える日は?見える位置や場所は?

今月11月から12月にかけて、肉眼でも見られる可能性のある彗星が「アイソン彗星」です。

この「アイソン彗星」ですが、ハレー彗星など「周回型」ではないため、この機会を逃すと、二度と見られない彗星であるのが特徴です。

そんな「アイソン彗星」ですが、地球に最も近づくのが、2013年11月から12月にかけて、ということですので、秋の透き通った夜空で鑑賞するには最適でしょう。

「アイソン彗星」が注目されている理由はまだあるんです。

実は「アイソン彗星」は、最近の彗星の中でも、最も明るい彗星であり、その明るさは遠くからでも肉眼で確認できるほどだということです。

「アイソン彗星」が見える位置は、東の水平線近くで、望遠鏡よりも双眼鏡の方が見やすいようです。

10倍程度の倍率で、十分確認できるほど、大きく明るいということです。

観測に最適な日は、12月上旬から中旬で、この期間は日の出前の時間帯に観測ができ、肉眼でも確認できるようです。

12月中旬以降、「アイソン彗星」は夜明け前だけでなく、日の入り後の北西から北の空低くで観測ができるようです。

そして、12月下旬から1月末までは、北の空に一晩中観測できるようになるようですが、それまでに比べると暗くなってしまうようなので、双眼鏡がないと確認は難しくなります。

「これまでになく明るい」とは言われていますが、実際に確認してみないと、その明るさはわかりませんので、ぜひご自身の目で「アイソン彗星」を確認してみてください。

もちろん「アイソン彗星」に夢中になるのはいいですが、防寒対策も怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です