27年ぶり!日本に新しい島が!小笠原諸島の西之島の付近の火山で

日本に27年ぶりに新しい島ができました。

東京都の小笠原諸島にある西之島の南南東で海底火山が噴火したことにより、海面より上に陸地ができたということです。

もっとも火山はまだ活発に活動中ということですから、これからしばらく火山活動が続いた場合、西之島とつながってしまう可能性もあるでしょう。

今回できた島は、西之島からわずか500メートルしか離れていないということですから、もうこれは西之島の目と鼻の先、というよりも、既に西之島の一部とも言える状態かもしれません。

西之島から500メートル離れた場所に、直径200メートルの島ですから、新しい島と喜んでいられるのも今だけでしょう。

それにしても、小笠原諸島って、東京都でありながら、ものすごく遠いですよね?

地図で探すと、もうかなり南国よりな場所にあることがわかります。

世界遺産にも登録された小笠原諸島ですので、一度は訪れてみたいと思っていますが、船で丸1日かかるとなると、なかなか決心が付きません。

それに、Google Map で見た時の、小笠原諸島の孤島っぷりに、ちょっとドキドキしてしまいます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です