改正道路交通法 自転車は左側通行へ!違反は最高で罰金5万円!

2013年12月1日に施行となった改正道路交通法では、自転車は左側通行へと定められました。

これまでの道路交通法では、自転車は左側通行でも、右側通行でも、良かったのですが、12月1日に施行された改正道路交通法では、自転車は左側通行のみとなりました。

歩道のない道で、道路の両端に白線の引いてある、いわゆる「路側帯」を通行する際のルールになります。

確かに、自転車は道路交通法では「軽車両」という扱いですし、日本の道路は左側通行と決まっています。

そう考えると、これまでの道路交通法があいまいだったとも言えますが、これまでの調子で右側通行を行ってしまうと、最悪の場合、5万円の罰則が科せられることになります。

もっとも、路側帯の左側通行に違反した際の罰則は「3カ月以下の懲役か5万円以下の罰金」となっていますので、5万円の罰金は最高額です。

自転車が車道を走ることは、何かと危険であるというのは、誰しも納得できると思いますが、あまり周知がされないまま施行となったことについては、少々残念ですね。

また、今回の改正道路交通法では、無免許運転の罰則がより重くなり、さらに無免許運転者に車を貸した人にも、無免許運転に同乗した人にも罰則が科せられるようになりました。

昨今、無免許運転による痛ましい事件が目につきますので、この厳罰化は大いに歓迎したいと思いますが、個人的には、無免許運転の罰則はもっと厳しくてもいいんじゃないかと、思ったりもします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です