スマホ用アプリ“言う吉くん”公開!偽札の判別はできず。

スマホ用アプリ“言う吉くん”が公開されました。

お札の種別を判別できるスマホのアプリ“言う吉くん”ですが、偽札の判別まではできませんので、注意してください。

この“言う吉くん”ですが、目の見えない人でも、お札の種別がわかるようにと開発、公開されました。

というのも、特に現行の5千円札については、1万円札と大きさがほぼ同じだったりすることから、目の見えない人が判別しにくいという事情があります。

そして、そんな5千円札を改良することも決まったのですが、それまでの間、お札を判別するためにスマホのアプリ“言う吉くん”を使ってください、ということのようです。

ちなみに、改良される5千円札ですが、現在よりも大きくなり、結果的に1万円札よりも大きいサイズになるようです。

そして、同時に、お札のホログラムを覆うシールを、現在の楕円形から四角形に変えるそうです。

これだけの改良がされると、手に持っただけで大きさやシールの形ですぐに判別できるようになりますが、新しい5千円札を発行するのは、来年の5月12日からということですので、しばらくの間は、現行の5千円札を使わなければなりません。

そして、新しい5千円札が発行されたからと言って、すぐに出まわるわけではありませんし、1~2年は新旧両方の5千円札が混ざった状態になるでしょう。

そんな時にも、目の見えない人が安心してお札を判別できるようにするのが、“言う吉くん”なんですね。

勘のいいかたは気付いているかもしれませんが、“言う吉くん”は、「いうきちくん」でなく「ゆ~きちくん」ですよん。

そう「諭吉くん」をモジッた名前なんですね。

ところで、スマホのアプリというのは、目の見えない人でも、問題なく使用できるものなんでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です