楽天でんわ 注意すべきポイントは?実はあまりお得じゃない?

話題の「楽天でんわ」で注意したい点があるようです。

結論から言うと、大々的に発表された割には、あまりお得にはならないということです。

番号そのまま通話料が半額に?「楽天でんわ」の良い点と悪い点を解説 – すまほん!!

 一見するといいことずくめに見えるサービスですが、大きな落とし穴があります。それは、同一キャリア間や家族間をはじめとした無料通話も適用されなくなり一律「30秒で10.5円」になることです。

今現在、ドコモやau、ソフトバンクなどの各キャリア側で、通話が無料もしくは割安になるサービスを提供しています。

それに、Skype や LINE など、パケットを介した通話も、気になるほど品質は悪くない現状を考えると、割安になるケースを考えて使い分けるほどのサービスではないと感じます。

それでも、1円でも通話料を安くしたいと考える方や、特定の環境での通話料金を大きく節約できそうな方は、使ってみても良いでしょう。

その場合、どのような点に注意すれば良いのか、先に紹介したサイトから引用しておきます。

1.発信先の電話番号が自分とは異なるキャリアかを確認する。

2.同じキャリアで無料通話が使える時間帯なら楽天でんわを利用しない。

3.楽天でんわアプリのホワイトリストを活用する。あるいは、異なるキャリアとわかっている電話番号には「003768」を番号の先頭に付与して電話帳に登録する。

このような手間をかけてでも、割安な通話がしたいという方以外には、あまりおすすめではありません。

もちろん、これから先、もっとサービスが良くなっていく可能性はありますが、通話すること自体あまりなくなってますので、将来性には疑問のあるサービスだと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です