阪神タイガースの秘密兵器、相手投手をかき乱す「西岡ポーズ」とは?

西岡ポーズ

今、読売ジャイアンツを悩ませている、阪神タイガースの「西岡ポーズ」が話題になっています。

阪神タイガースの西岡選手が始めたポーズのようですが、このポーズが相手投手にとっては非常に苛立たしく感じるのです。

ホームランを打って、ベンチに戻ってきた選手とともに、選手みんなでセンター方向を指さす、というどうということのないポーズなんですが、打たれた投手にとってはとても屈辱的に感じるようです。

小学生の野球でも「へいへい、ピッチャービビってる!」みたいな応援というより野次を飛ばすような風景はよく見ますが、あれに近いものなのでしょう。

しかし、こういった遊び心のあるポーズを、選手たちが率先して編み出すような雰囲気というのは、好調の証なのでしょう。

千葉ロッテマリーンズで活躍し、ツインズを経て阪神タイガースに加入した西岡剛選手、新加入ながらムードメーカーとして大きな働きを見せています。

とかく、読売ジャイアンツの場合は、固い雰囲気で、こういった遊び心は出しにくいとは思いますが、選手たちがまとまるような何かを考えだして対抗しても良さそうですよね?

西岡ポーズを見たことがない人は、コチラでどうぞ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です