日本でわずか2安打。元広島カープのあの選手が二千本安打で名球会?

ソリアーノ

「アルフォンソ・ソリアーノ」と聞いても、誰だったか思い出せる人は少ないかもしれません。

しかし、1997年、広島カープで9試合に出場し、2安打に終わった、ドミニカ出身の野球選手は、まもなく日米通算2,000本安打を達成する見込みです。

日本のプロ野球界では、打撃で2,000本以上のヒットを打つか、200勝以上した投手は「名球会」という名の殿堂入りをすることができます。

そしてこの成績は、日米通算でカウントされますので、メジャーリーグに行って日米通算2,000本安打を達成したイチローも名球会入りしています。

しかし、今回のソリアーノ選手の場合、プロデビューが日本のプロ野球ではありましたが、日本ではわずか2安打、その後メジャーリーグで花を咲かせたわけですが、その成績のほとんどはメジャーリーグでの成績ですよね。

それでも、わずかな期間とはいえ、日本のプロ野球に在籍していたソリアーノ選手が名球会入りするというのは、不思議な気持ちもしますが、そんな選手でも名球会入りさせてあげる懐の深さのようなものも感じます。

それにしても、広島カープにいた時には鈍足で「ロバ」なんて呼ばれていた彼が、メジャーリーグでは俊足を売りに活躍していた、というのも不思議な話ですよね。

きっと、それだけ努力して成長した、ということでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です