女子バレーボール日本代表の竹下佳江さん、引退へ

竹下佳江 引退

女子バレーボールのセッターと言えば、竹下佳江さんですよね。

身長158cmという、バレーボール選手としては超小柄な体でありながら、3大会連続でオリンピックに出場し、ここ最近の女子バレーボールの発展にも多大な貢献をしてきました。

そんな竹下佳江さんが、この度、引退を発表しました。

銅メダルを獲得した昨年のロンドン五輪の後は休養していた竹下佳江さんですが、ここで正式に引退を決意したのでしょう。

既に日本バレーボール協会の理事を務めるなど、今後もバレーボール界の発展に貢献して頂ける様子ですし、今後は、指導者などの立場でも活躍してほしいと思います。

日本のバレーボール界でも、特に女子バレーボールのセッターというと、竹下佳江さんの前に活躍した中田久美さんなど、非常に優秀かつ長く活躍される方が多い印象がありますし、次のセッターも、チームを支える柱になるような選手が出てくるといいですよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です