セカンドランナーは打者にサインを送ってはいけないって知ってます?

花巻東高校

先日行われた高校野球、夏の甲子園の準々決勝「鳴門高校×花巻東高校」の一戦が話題になっています。

この試合の中で、出塁後、セカンドランナーとなった千葉翔太選手が、球審から注意を受けたのです。

セカンドランナーがキャッチャーのサインや、ミットを構える位置などを見て、それをバッターに伝える行為は禁止されているのです。

もっとも、一定の年齢以上の方は、少年野球などで当たり前のように、そんなことをしていたはずですので、驚かれる方も少なくないでしょう。

この禁止行為が決まったのが1998年とのことなので、それ以前にしか野球をやっていなかった方は知らなくて当然かもしれません。

しかし、このような行為が疑われる場合、審判から警告されることはあったとしても、特に罰則などはありませんので、上手にやれば有利になることは間違いありません。

フェアプレーの精神を尊重したら、そんな行為は言語道断だと思われるかもしれませんが、そうはいってもそこはやはり勝負の世界ですので、ルールのぎりぎりのラインを攻めるのもひとつの戦略として捉えられてもいいんじゃないでしょうか?

もっとも、花巻東高校の場合、相手チームからも警戒されていたようですし、万が一警告を受けた場合の対応も含め、チーム全体の戦略となっていたかもしれませんが。

これからきっと、週刊誌あたりが匿名の告白だとか言って、「実は監督の指示だったんです」とか「代々、受け継がれてきた戦略です」なんて書かれてしまうんでしょうね。

個人的には、高校野球とはいっても、そういったグレーな部分での駆け引きも含めて楽しみたいと思っているんですけどね。

あまり騒いで、これ以上問題を大きくしないでほしいところです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です